背面修理もスマフォドクターへ

こんにちはスマフォドクター梅田店です。

当店ではiPhoneの背面割れ修理も行っております。

所要時間はおおよそ三時間前後、即日でお返し可能です。

背面修理でよくあるのが、

故障箇所が背面だけでない場合です。

背面がバキバキに割れてしまうほどの衝撃が与えられた機体です。

他の箇所に新章が全く0という方が不思議です。

お客様本人が気づいていない場合や、今は起こっていないが、

分解することで不具合が見える場合もあります。

ケースバイケースで対応いたしますので、

お気軽にお問い合わせ、ご相談ください。

 

スマフォドクター梅田店

背面割れの修理はスマフォドクター梅田店へ

こんにちはスマフォドクター梅田店です。

当店ではiPhoneの背面割れ修理も承っております。

他の修理店さんでも背面パネルの修理を行っている場所は少なく、

珍しいかと思います。

それだけ複雑で工数の多い修理になっております。

修理にはかなりのお時間をいただきます。

通常のガラス割れやバッテリー交換での所要時間が

30分前後のところ、背面パネルの修理には2時間から3時間のお時間をいただきます。

お時間に余裕を持ってご予約、ご来店ください。

直接ご来店いただいてもご対応可能ですが

当店は背面修理を多く承っております、

該当の機種の在庫パーツが売り切れとなってしまうケース、

修理にかなりのお時間を要するので、他のお客様とのご予約の都合上、

通常よりさらにお時間をいただいてしまうケースもございます。

予めご予約いただけるとスムーズにご案内できると思いますので、

お気軽にお問い合わせくださいませ。

 

スマフォドクター梅田店

iPhone11システムエラー

こんばんは、大阪駅周辺のスマホの修理屋さん スマフォドクター梅田店です。

本日はiPhone11のシステムエラー解消ブログです。

みなさま、iPhoneのバックアップは定期的にとっていますか?

自分のiPhoneは大丈夫!丁寧に使ってるからね!と思っている方が一番危険かもしれません。

iPhone11は新しい機種の部類に入りますし

購入してからすぐにそんなに壊れたりしないよ!って思うのはとってもわかります。

しかし、落としたり水没させたりしていなくても

本体が劣化していなくても起こる症状として、システムエラーが挙げられます。

進化を遂げて来たスマホ。本体も、アプリケーションもどんどん進化してきて

複雑になって来ました。

システムエラーはアップデート時のwifi環境や、アプリケーションの一時的なエラーなど

些細なことから起動できなくなるような重度のシステムエラーを引き起こすこともあります。

もちろん本体に異常があったり不良品の可能性も捨てきれないですが

いたって健康なiPhone11でも、購入したその日からでも深刻なシステムエラーになってしまう可能性はあります。

いつ何時でもそないあれば憂いなし、ということで常にバックアップは意識しておきましょう。

最近ではicloudでバックアップをとっている方も増えて来たような印象です。

4~5年前ぐらいまではバックアップをとっていないお客様はたくさんおられましたが

その辺の意識も変わりつつあるのでしょう。

過度に意識する必要はないですが、スマホはいつか壊れてしまうものだという認識はうっすら持っておいたほうがいい

かもしれませんね。

システムエラーが出た時、例えばリンゴループや電源がつかない

タッチ操作ができない、液晶表示がおかしいなどあった時に皆様はまず何をしますか?

詳しい方はボリュームボタンを使った再起動方法をすると思います。

機種によってもその特殊な再起動方法は違いますので皆さん調べてみてください。

この特殊な再起動方法でも復旧しないという時はシステムのアップデートを試してみて

それでもダメだった場合は復元や修理店に持っていくというような流れでしょうか。

意外とシステムエラーの解消方法はご自身でできるような簡単な方法だったりもします。

ですが、色々試して復旧しない場合はお気軽に当店にご相談くださいませ。

それでは、大阪駅周辺のスマホの修理屋さん スマフォドクター梅田店でした。

iPhone11バッテリー交換修理

こんばんは、大阪駅周辺のスマホの修理屋さん スマフォドクター梅田店です。

本日はiPhone11のバッテリー交換修理ブログです。

客様のiPhone11はバッテリーの最大容量が85パーセントでかなり消耗しています。

バッテリー最大容量は設定からバッテリーの詳細を見ていただければと思います。

バッテリーの交換時間はおよそ20分~30分ほどみていただくといいでしょう。

ちなみにiPhoneのバッテリーの寿命ってどのぐらいかご存知ですか?

iPhoneのリチウムバッテリーは大体600回のフル充電を繰り返すと劣化してくると言われています。

フル充電というのは0%〜100%まで充電をすることを指しますので大体、2年ちょっと使うと交換時期かもしれませんね。

しかし1日でバッテリーを使い果たして空っぽの0%から充電する人は少ないでしょうが

ゲームをたくさんしたり動画をみたりマップアプリを頻繁に使う方は

バッテリー最大容量は他の方より落ちてくる傾向にあります。

簡単にいえばたくさんiPhone11を使用するとその分早く電池も弱っちゃうよ!ということですね!

それでは、大阪駅周辺のスマホの修理屋さん スマフォドクター梅田店でした。

iPhone11システムエラーによるタッチ不良?

こんばんは、大阪駅周辺のスマホの修理屋さん スマフォドクター梅田店です。

本日はiPhone11の画面交換修理です。

お客様のiPhone11は画面は割れているわけではありません。

画面が割れていないにも関わらず、タッチが効いていない状況です。

液晶表示も問題なさそうです。

本体を落としたわけではないので画面自体の故障かどうか判断できません。

それでは、画面を交換してみましょう。

本体基板の故障だと画面交換してみても直らない可能性がありますが

まずは試してみます。

結果はタッチ不良が直らず・・・。

パーツ不良も考えて別のパーツを試してみてもダメでした・・・。

今回のような突然の不具合、落としたり水没したりというはっきりとした要因がない場合は意外と復旧が難しい時もあります。

本体基板の不具合も考えられますが、システムエラーの可能性もありますので

復元を勧める形となりました。

復元後は問題なく動作してひと段落。

しかし、原因がはっきりとしないためしっかりバックアップを推奨しお返しとなりました。

それでは大阪駅周辺のスマホの修理屋さん スマフォドクター梅田店でした。

iPhone11背面ガラス交換修理

こんばんは、大阪駅周辺のスマホの修理屋さん スマフォドクター梅田店です。

本日はiPhone11の背面ガラス修理のブログです。

お客様のiPhoneは背面が全体的に細かく割れていてガラスの破片がボロボロと落ちてくるほどです。

本体を裏向きにしたときの右上の部分が特にひどい割れをしており中身が見えてしまっています。

この箇所にはボリュームボタンやマナースイッチなど重要なパーツが密集しております。

ここまでの割れの酷さですとケーブルが断線してしまったり交換修理によって機能を失ってしまう危険性を

ご説明しました。

それでは修理していきます。

まずはフロントパネルを開いてバッテリーコネクタを抜きます。

次に基板や充電部分のライトニングコネクター、バイブレーションなどを取り外します。

カメラやその他スモールパーツも外していき

最終的にサイドのボタンのパーツやセンサー類も慎重に取り外していきます。

ここで背面ガラスの交換じゃないの?なんでパーツを全部取り外していくの?

と思われる方がいるかもしれません。

というのも背面ガラス修理といっても背面のガラスのみではなく、外側のフレームと背面のガラスが一体型のものを

交換していく修理となります。

つまりスマホの中身を新しいスマホのボディに移し替えるということですね。

言葉にすると簡単なのですが、全移植を行うためかなり時間がかかる修理となります。

おおよそ余裕を持って3~4時間みていただけるといいです。

パーツ在庫がなくなってしまうことが多い修理ですのでご要望の際はご予約をお勧めいたします。

今回のiPhone11はガラスの割れ具合から何か修理後に別の問題も発生しそうなぐらい

中のパーツの状況も良くなかったのですが

修理完了後は問題なく動作しています。

少し経過を見ていただいた方がいいですね。

それでは、スマフォドクター梅田店でした。