水没しても復旧できる場合もあります!

当店では通常の修理のほかに

水没などの完全に停止してしまっている機体の修理や点検も

行っております。

復旧が可能かどうかは、

損傷具合や機体の状態によりますのでやってみないとわかりません。

復旧が難しそうに見えるような機体でも復旧することもありますし、

簡単に治りそうに見えて、実は内部が激しく損傷しているなんてケースもあります。

お客様にお応えできるようできる限りの復旧作業をさせていただきます。

大事なデータや思い出を諦めてしまう前に、

一度お持ち込みくださいませ。

スマフォドクター梅田店

水没していたというケース

こんにちはスマフォドクターです。

お客様の中には、機体が水没していることに気づかずに使用してる方も

いらっしゃいます。

ガッツリと水に使ったしまった事飲みが

水没というわけではありません。

内部に水が入り込み、

機体がショートしてしまったり、

もしくはそのギリギリ手前ということもあります。

iPhoneは完全防水ではなく耐水です。

昔の携帯電話よりははるかに水気に対して強くはなっていますが、

それでも精密機械です。

ほとんどのケースでは大丈夫ですが、

稀にお風呂場で使用していて結露で濡れてしまっていた、

スノボーをしているときにポケットに入れていて、しっとりと水没していたなど、

水に浸かることはなく、機体が水没してしまっていたというケースがございます。

中にはお酒によってしまい、

テーブル上で飲み物をこぼしたことが記憶になく、

そのまま使用し、ショートしてしまったというケースもございました。

水没してしまうと、

当店での修理後の保証は対象外となります。

水没した記憶がなくても、中が濡れてしまっている場合があります。

機体の中には水分が入り込むと、

色が変色するシールのようなものが備わっています。

その変色があれば水没の機体となりますのでご了承ください。

水没して動かなくなったものは触らずに電源をつけず、

そのまま当店へお持ち込みください。

不調やちょっとした不具合でも構いません。

ケースバイケースでご対応致します。

お気軽にご来店くださいませ。

 

スマフォドクター梅田店

iPhone11pro水没修理

こんばんは、大阪駅周辺のスマホの修理屋さん スマフォドクター梅田店です。

以前あったiPhone11proの水没修理ブログです。

お客様のiPhone11proは本体がかなり水没しており、液晶表示はありますが

タッチ操作ができない状態です。

画面交換等で修理可能かどうかですが端末が水没している以上、今後長く使えるかわかりません。

もちろん水没の度合いなどにもよりますので諦めず修理してみましょう。

この端末は水没がひどく画面もかなり水没しています。

本体を乾燥させて画面交換を行ったところ動作するようになりました。

しかし、後日またタッチがおかしくなったとのことです。

ゴーストタッチ、充電部分の接触不良。

水没端末はコネクタ腐食などによって接触不良が起こりやすいですので水没端末修理後はお早めにバックアップをお勧めいたします。

水没端末の場合は残念ながら保障期間を設けておりませんのでお気をつけくださいませ。

それでは、大阪駅周辺のスマホの修理屋さん スマフォドクター梅田店でした。

スマホタブレットの水没注意

こんばんは、大阪駅周辺のスマホの修理屋さん スマフォドクター梅田店です。

すこし蒸し暑い日もちらほらと現れてくる季節となってまいりましたがみなさまいかがお過ごしでしょうか。

暑くなってくると冷たい飲み物をのんだりプールや海に行くなど、

「水」が近くにある環境、状況が多くなるんではないでしょうか。

水が近くにあるということは今お使いのスマホやタブレット、PCなんかも水没する危険性が高まります。

十分に注意してください。

最近では減ってきましたがスマホが完全防水だと思って水洗いして水没した、とか

お風呂で使用して水没したなどのケースも修理した経験があります。

水没してしまってからバッテリーの調子が悪い、液晶表示がおかしい。

Wifiを拾わなくなったなど様々な故障に陥ってしまいます。

水没直後に故障影響が出てくるケースもあれば、数日後、数週間後に症状が現れる場合もあります。

たとえ水没端末を修理したといえど長期的にその端末を使って行くのはお勧めできません。

せっかく購入した新しい端末でも買い替えを余儀なくされるのです。

さらに交換できるパーツの故障であれば百歩譲ってOKだとしても

基板が水没してしまうと交換ということはできません。

基板修理も行なってはおりますがやはりスモールパーツの交換修理よりも値段がかかってしまったり

そもそもの修理費用が高くついてしまうケースが多いですので

水没には十分注意して今年の夏も元気にお過ごしください。

それでは、スマフォドクター梅田店でした。

iPadPro12.9液晶が映らない時に試してみること

こんばんは、大阪駅周辺のスマホの修理屋さん スマフォドクター梅田店です。

本日はお問い合わせのあったiPad Pro 12.9インチの水没端末のご相談を受けましたのでブログ記事として

書いていきます。

数日前に店頭にてご相談を受けた際、お客様のiPad Pro は水没していて電源が入らない状態でした。

飛び込みのご相談だったためにパーツ在庫がなく修理対応はできませんでした。

その時の状態でしたらフロントパネルの交換、バッテリーの交換が必要だという感じでした。

本日お電話で再度同じお客様から進捗がありまして、現状電源はついたようです。

しかし液晶表示はあるものの画面がかなり暗いとのことでした。

この場合、iPad Proのバックライトが故障してしまっているのがわかります。

基板の故障なのかフロントパネルの故障なのか端末を確認しないとはっきりはわかりません。

フロントパネルを交換すれば今まで通り使える端末になるかもしれませんが

一度水没してしまっているので今後長く使って行くのは難しいかもしれません。

お客様の判断としては端末は諦めてベータのバックアップをしたいとのことでした。

このようにバックライトが故障してしまっていても諦めてはいけません。

もしかすると頑張ればバックアップが取れるかも・・・。

バックライトとは液晶表示の裏側から出ている光です。

ようは光量が十分にあれば液晶も肉眼で確認できなくもないんですね。

フロントパネルのタッチが効いているということでしたので

かなり力技ですが表面から強い光を当てればなんとかバックアップを取ることができるのです。

今回お客様は自力で一旦バックアップを試みるということでした。

皆さんも液晶表示がないと思った時に一度強い光を当ててみてバックライトの故障を疑ってみてください。

それではスマフォドクター梅田店でした。

梅雨に入る前に修理をする方がいい?

こんにちはスマフォドクター梅田店です。

梅雨入り前にスマホの水没注意喚起です。

雨が降ると足元は濡れたり汚れたりしますし、移動時は傘が必須で片手は埋まり移動しづらい。

荷物が多い時などはイライラも募ります。

外出もしたくなくなりますし万が一スマホのガラスが割れていたら修理しに行くのも億劫ですよね。

梅雨はおおよそ1ヶ月半ほど続きます。

その間、やはり精密機器であるスマホ類は

水気に弱いので水没等には充分お気をつけください。

現在ガラスや液晶が割れてしまっている場合、

耐水性能は低くなります。

耐水性能を謳っているスマホでもお風呂での湯気や加湿器の湿気などで水没してしまうことも多いです。

雨の日は水蒸気というよりも直接雨粒に触れたり濡れた手でスマホの操作をしたりと

お風呂場や加湿器の近くでの操作している時と違った経路での水の侵入が起こりうるのです。

水滴や湿気などで、機械の命である、マザーボード、基板が濡れてしまい、

ショートする原因になるような水没をしてしまうリスクも増えます。

もしもガラス割れなどの状態でお使いの方がいましたら

梅雨入り前のうちに修理店で直しておきましょう。

スマフォドクター梅田店