こんにちはスマフォドクター梅田店です。

バッテリーの持ちが悪かったり、

急に減りが早くなったりと、iPhone含め、

リチウムバッテリーを使用している家電は寒い気温で

故障を起こしやすくなります。

iPhoneに関してはバッテリー残量の不具合は

2パターンの原因が考えられます。

一つは

バッテリーの相性

みなさん忘れがちですがiPhoneは精密機器です。

どうしてもバッテリー交換やパーツ交換を行うと

稀に個体差により不具合が起こってしまうケースがあります。

そのため保証期間を設け、無料交換対応を行なっております。

も一つが、

システムのエラー

です。本来パーツに問題はなく残量もあるのですが、

システムのちょっとしたエラー(人で言うと少し風邪をひいたようなもの)

が起こっており、うまく反映できていないというケースがあります。

これが起こってしまっている場合、いくらパーツを取り替えようとも

同じ症状が出てしまいます。

しかし改善は簡単です。

PCにバックアップをとり、復元するだけで、

iPhone内のシステムがクリーンになり、正常に動作するようになります。

本来iPhoneはPCとセットで利用するものですが、

最近はPCでバックアップを取ったことがない、PCを持っていないと言う方も

多くいらっしゃいます。

その場合はicloudにバックアップを取り、iPhoneを初期化(これでシステムのエラーも改善されます)

そしてまたicloudからデータを入れ直せば、正常に動き、元通りになります。

故障とまでいかなくても、

たまにbバックアップをとり、復元することでシステムをきれいな状態で保てるので

少し挙動が悪いなと感じた方は、復元を試してみてください。(※バックアップをお忘れなく)

スマフォドクター梅田店