iPhone12の充電ができなくなった!というときはお任せください。

しかし充電部分のパーツ交換の前にチェックしておくといいポイントをお教えいたします。

・充電器に故障がないか

そもそも本体は問題がなく、充電器の断線や接触不良がないかどうか

別の充電器で確認してみましょう。

もしかすると充電器自体の故障で充電ができていなかったり接触不良によって

十分な電力供給ができていないだけかもしれません。

 

・iPhone12の充電コネクタ部分のホコリやヨゴレ

iPhone12の充電器、ライトニングコネクタ の差し込み口がホコリでふさがっていたり

汚れによって接触不良を引き起こしているかもしれません。

ホコリであればエアダスターなどで取り除きましょう。

汚れをクリーニングする際に何かクリーニング剤を使用するのであれば電源は切ってから掃除、

そのあとはしっかりとクリーニング剤を拭き取っておきましょう。

 

・充電する場所を変えてみる/充電用延長タップの使用をやめる

そもそも充電する場所を変えてみるというのも効果がある場合があります。

さらには充電差し込み口の拡張、延長タップを使用している場合は

それを接続しない状況を作ってみてください。

一時的に電力が不安定になっているかもしれません。

 

このように修理に出す前にチェックするべきポイントはいくつかあるので

修理が必要かな?と思った時に試してみてくださいね。

それでは、スマフォドクター梅田店でした。